簡単に説明をすれば任意保険という保険は強制保険である自賠責保険とは別に、自賠責保険だけではまかなうことが難しい補償が可能になる重要性の高いより充実した保険です。これは任意保険のポイントは自動車損害賠償責任保険の上乗せとして機能しますので、自動車損害賠償責任保険の支払い限度額を上回った際に働きます。それに、自賠責保険だけでは対物損害については補償を受けることができないので物に対する損害をまかなう時には任意保険にも加入するのがいいと思います。もう任意保険の保険料を払っている愛車を廃車にする時は、日本の車でもイタリア車というようなことは関係なく、残金が返金されます。国産メーカーの車を売るケースでも同様です。自賠責保険の場合通常入ったままにしておくのが通例になっていますが任意保険の場合は誰でも加入するものではありませんから解約をすることになります。また任意保険をキャンセル後はすでに 納めている残金が返還されるということになります。自動車取引が成立した場合でもすぐに任意保険の契約を解除するというのはリスクが高いです。勿論、すぐにキャンセルするとその分返還される額は多くなりますが、もし車店が離れた場所にあり自ら乗っていくということになったケースでは、任意保険に入っていない状態で自動車の運転をするはめになります。万が一のことを想定して必ずこれから自分で運転をすることはない状況になる時まで保険の解約はすることのないようにする必要があります。所有車を引き取ってもらってすぐさま新しいクルマを買うのであれば問題ないと思いますが長い間運転をしない状態が継続して保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険に入っていない期間がある場合以前に続いていた保険の等級が下がるため保険料が上がります。そういった状況は「中断証明書」というものを出してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」があれば、10年までは無保険になる前の等級を継続することができます。それから、13ヶ月以内であれば発行してもらうことができますから、もし既に手放していて、「中断証明書」を発行していない状況であれば保険会社や代理店にその旨を伝えたほうがいいと思います。もし自分が他の自動車を購入することになって購入した後に前に保有していた愛車を廃車してもらうのであれば任意保険はどちらか一方のみです。切り替えということになるので、運転をする予定の車ならば買取までには注意しなければなりません。それから任意保険というのは車の種類などによって額が大きく変化してくるので、自動車引き取りのさいは任意保険の内容を見直してみる好機でもあります。